ぬちぐすいごよみ  TOPへ
重箱料理について 旧正月、シーミー、お盆などに作られる重箱料理。中に入れられる定番の食材をご紹介します。


重箱の構成としては大きく「料理」と「餅」に分かれます。
餅は1箱に15ずついれます。アン入りとアン無しがあり、アン無しは味がないので若干人気がないようです。
料理は重箱を9つに仕切って隙間のないようにきっちりつめます。入れる手順、位置、メニューには絶対的な決まりはありませんが、地域や家によって多少の決まりがあるようです。 料理の定番メニューを見ると健康に良いばかりでなく、大人数でも食べやすく沖縄の温暖な気候の下でも長持ちする料理ばかりで、先人の知恵がたっぷり詰まっていると言えます。
 
ごぼう
かまぼこ
豚肉
てんぷら
重箱と料理の定番メニュー

重箱のまわりの食材をクリックすると説明が表示されます。
豆腐
こんぶ
田芋